STEP5 計画の実施

STEP4の計画に基づき、タレントの量と質の充足を行い、タレントマネジメントを行っていきます。
  • 1
  • タレントデータを整備する

タレントマネジメントの基礎データを整備します。

社員の評価結果、異動情報、開発目標と課題、研修受講履歴、戦略上重要なタレントの保有度・発揮度、本人のキャリア志向、家族の事情等について、必要に応じて検索・閲覧できる状態を整えます。

  • 2
  • タレントポートフォリオを作成する

STEP2で特定した実施事項の遂行上重要なタレントの所在、発揮度合、人数が一目瞭然となるようにポートフォリオを作成します。

STEP4で計画したタレント獲得の方策の進捗に連れて、ポートフォリオも変遷してきますので、定期的なポートフォリオのアップデートが必要です。年次評価完了のタイミングで、毎年タレントポートフォリオの作成・見直しを行うサイクルを作るとよいでしょう。

  • 3
  • サクセッションプランを作成する

主要なポジションについて、サクセッションプランを作成します。

サクセッションとは、ポジションの後継者という意味の他に、事業の連続性を担保するという意味も含みます。緊急事態の際に権限委譲を行って代行を任せられる人材、3年後にそのポジションを任せられる人材、10年後にそのポジションを任せられる人材という視点で、サクセッサー候補を特定しておきます。サクセッサーは、ジョブローテーションや教育投資によって、ポジションに就くまでの間に次世代リーダーとして意図的に育成していきます。

サクセッサーが存在しない状態は、大きなビジネスリスクとなります。STEP4の3に立ち戻って、ギャップを埋める最適な方策を考え、早急に実行することが必要です。

STEP6では、実行したタレントマネジメントの目標到達度や進捗についてのモニターを行います。

  • STEP6 モニタリングへ>